メニュー

家電別の回収・処分 | 名古屋を中心に東海地域の不用品回収ならサニー

名古屋で不用品回収なら、不用品回収サニー 

電話番号

名古屋でエアコンを処分する5つの方法

作成日:2020年09月17日(木)

お引越しや、家屋解体などの際に回収に困るものの一つがエアコンです。

 

この記事では、エアコンの処分について詳しく書いていきます。

 

では、どうぞ。

 

 

【目次】

  1. エアコンの種類について
  2. 名古屋でエアコンを処分する方法その1「家電リサイクル」
  3. 家電リサイクルシステムに基づき、エアコンを自分で持ち込んで捨てる手順
  4. 名古屋でエアコンを処分する方法その2「買取」
  5. 名古屋でエアコンを処分する方法その3「ネットオークション」
  6. 名古屋でエアコンを処分する方法その4「友達にあげる」
  7. 名古屋でエアコンの無料回収はできるのか?
  8. 無許可の業者って何?
  9. 名古屋でエアコンを処分する方法その5「サニーに依頼する」
  10. まとめ

 

エアコン

 

エアコンの種類も多々ありますが、この記事はエアコンの処分というテーマが趣旨ですので、弊社によく問い合わせのある3種類のタイプのエアコンについて解説します。

 

ルームエアコン

 

sen1

 

一般家庭にある大体のエアコンは、このルームエアコンです。

 

室内機と室外機で一対になっており、パイプでつながっています。

 

ちなみに一軒家などで、屋根の上に室外機がある場合は大変です。(汗)

窓用エアコン

 

sen2

こちらは、窓に取り付けるタイプのエアコンで、室外機もなく、これ一つで使えるエアコンです。

 

簡単に取りはずしが出来るのがメリットですね。

業務用エアコン

 

sen3

 

業務用エアコンは、店舗やオフィスなどの天井についているエアコンです。

名古屋でエアコンを処分する方法その1「家電リサイクル」

 

「家電リサイクル料金」って一体何なのか?

 

一言でいうと、エアコンなどの家電を処分する際に支払う決められた処分代です。

 

詳しい解説は、下記の記事内で書いていますので、参考にしてみてください。

 

名古屋で冷蔵庫を処分するには?回収業者が徹底解説

エアコンのリサイクル料金はいくら?

 

ちなみに、エアコンの家電リサイクル料金は、990円~9,900円と幅が広いです。

 

ただ、だいたいのエアコンは990円~2,000円の間ですね。

 

※メーカーごとに価格が違うので、詳しくは下記のサイトからお調べ頂けます。

 

再商品化等料金一覧

 

回収業者に回収を依頼する場合は、この金額に運搬費用や、取り外し料金、運び出し費用などが加算されます。

家電リサイクルシステムに基づき、洗濯機を自分で持ち込んで捨てる手順

 

ここでは、エアコンをご自身で持ち込んで処分する場合の手順をお話します。

 

ご自身で持ち込みをすれば、上記の家電リサイクル料金だけで処分が可能ですので、費用を徹底的に安くしたい方はチャレンジしてみてください。

 

ただ、初めてする場合は、少し面倒ですし、時間も体力も使う事になりますので、そのあたりを覚悟の上行ってください。

 

※エアコンの取り外しには専門の知識が必要になります。感電をする恐れもあるので、知識に自身がない方は絶対におやめください。

1.メーカー名を調べる

 

まずは、エアコンのメーカー名を調べてください。

 

エアコンに関しては現時点では大小区分なしとなっていますので、メーカー名だけ分かれば大丈夫です。

 

これをメモをして郵便局に行きます。

2.家電リサイクル券を取得し、リサイクル料金を支払う

 

郵便局の窓口で家電リサイクル券を受け取り、必要事項を記入の上、リサイクル料金の支払いをします。

 

なお、家電リサイクル料金は、下記のページから調べる事が出来ます。

 

これで解決!家電リサイクル

 

ちなみに、郵便局にエアコンを持っていっても、回収してもらえないのでくれぐれも注意してください。

3.指定引き取り場所へ持ち込み

 

いよいよ、引き取り場所へエアコンを持ち込みします。

 

2で取得して、料金の支払いを終えた家電リサイクル券と洗濯機を持って、指定取引場所へ向かいます。

 

名古屋近辺でエアコンを持ち込む場合、下記の場所が指定取引場所となっております。

 

朝日金属(名古屋市北区)

東海西濃運輸(株)名古屋営業所(名古屋市中川区)

西濃運輸(株)名古屋東支店(日進市)

西濃運輸(株)小牧支店(小牧市)

昭栄金属(株)(一宮市)

 

その他のエアコン引き取り場所と、連絡先、住所などはこちらでご確認頂けます。

 

ここで注意なのが、休日や、受け入れ中止の時に持っていっても、エアコンを処分出来ない可能性があります。

 

重いエアコンの室内機と室外機を積んで、やっとの思いでたどりついたのに、捨てれなくて持って帰る羽目になったら最悪ですよね。

 

エアコンを車に積み込む前に、電話などで確認してから向かうようにしましょう。

名古屋でエアコンを処分する方法その2「買取」

 

エアコンは新しいものの場合は、買取の対象になる場合があります。

 

目安は、製造日が5年以内のもので、かつ状態が綺麗なものです。

 

また、新しいものでも下記のようなケースは買取を断られる事が多いです。

 

・外側に凹みがある

・傷や汚れが多い

・パーツに欠品がある

・動作不良 

 

エアコンの買取をするためには、ポンプダウンをして取り外しを行う必要があります。

 

このポンプダウンをしていないと、エアコンの中のガスが漏れ出て、買取金額の大幅ダウンとなります。

名古屋でエアコンの処分する方法その3「ネットオークション」

 

エアコンはヤフオクなどに出品して販売する事が出来ます。

 

なので、もしエアコンをネットオークションに出品出来る環境があるのであれば、出品してみるといいですね。

 

今はスマホさえあればヤフオクが出来る時代ですから、誰でも可能です。

 

また、ジモティーなどを通じて、エアコンをほしい人に譲るといった方法もあります。

 

最後に、ネットオークションにもメリット、デメリットがあるのでそのあたりをまとめておきます。

ネットオークションでエアコンを売るメリット

 

処分代を支払わず、むしろお金を貰える。

ネットオークションでエアコンを売るデメリット

 

売れるまで一定の時間がかかる上に、必ず売れるとは限らない。

売れてもエアコンは送料が数万円かかるる。もしくは発送出来なくて、直接引き取りでの対応となる。

売ったあとに不具合などが生じた場合、購入者からのクレームなどにも対応する必要が出てくる。

名古屋でエアコンを処分する方法その4「友達に譲る」

 

これは、もちろん欲しい人がいればの話ですが、友達に譲るという方法もあります。

 

「エアコンなんか欲しい人おらへんよ!」と思われるかもしれませんが、実際に聞いて回ると意外といるものです。

 

近場に欲しい人がいれば、その人にエアコンを譲る事で、実質処分費用をかけずに処分出来ますよね。

名古屋でエアコンの無料回収はできるのか?

 

エアコンに関しては無料で引取りをする業者が存在します。

 

なぜ、無料で引き取るのか?と言うと、エアコンには貴重な金属が使われており、それらを取り出して鉄くずとして販売するためです。

 

しかし、エアコンを解体して金属を取り出す事は、特別な許可を持っている業者意外はすべて違法となります。

 

つまりは、無料で引取を行う業者は、まず間違いなく家電リサイクル以外の方法で処分をすると思って良いでしょう。

無許可の業者って何?

 

よく、無許可の業者に、エアコンの回収を依頼してはダメ、という注意書きがあります。

 

では、無許可の業者とは何でしょうか?

 

それは、家電リサイクルシステム取り扱い店でもない、小売もしていない回収業者となります。

 

基本的にエアコンの販売をしている小売業者は、販売した顧客のエアコンが不要になった場合、家電リサイクル法に基づいてエアコンを処分しなければいけません。

 

弊社も、中古のエアコンの小売を行っているので、エアコンの回収は対応出来ますが、そうでない業者や、古物商の許可がない業者は注意が必要です。

名古屋でエアコンを処分する方法その5「サニーに依頼する」

 

はい、サニーもエアコンの回収が可能です!

 

 

サニーにエアコンの回収をご依頼いただける場合は、お電話にてエアコンの詳細をお伝え頂くか、LINE見積もりをご活用ください。

 

お見積もりにあたり必要な情報は年式、回収の場所の2点です。

 

お問い合わせはこちら

 

LINE問い合わせの流れ LINEで見積もりする

まとめ

 

さて、以上がを名古屋でエアコンを処分する5つの方法でした。

 

エアコンは大きくて、重いので、なかなか処分が難しいものです。

 

それでいて、処分料金も安くないですし、処分まで時間がかかります。

 

もし、エアコンの処分でお困りでしたら、一度サニーにご相談頂けると幸いです。

 

最短即日で、面倒な手続きなしに回収可能です。

 

あなたからのご連絡を、スタッフ一同お待ちしております。

 

※この記事は2020年9月16日時点での情報により作成しております。情報は日々更新されていくものですので、最新の情報はご自身で関係各所にご確認頂く事を推奨いたします。